これで内定率アップ!面接で見られるポイントとは?

また届いた不合格、内定率がアップ出来る面接の受け方を知りたいです

面接に落ちる理由は一体何か、内定率を上げる方法を知りたい

このコラムをシェアする

どうしても内定が欲しいのに受からない理由

学生の頃や、大人になっても面接はつきものです。
自分の将来が決まる、会社面接は特に緊張します。
大勢のライバルの中で自分をきちんと見てもらえる為にはどんな努力が必要なのでしょうか。

毎回受ける面接は、緊張して頭が真っ白になってしまいます。
内定がもらえないのは緊張のせいなのか、それとも面接の時の受け答えが間違っているのでしょうか、正直落ちるたびに悩んでいます。

どうしても合格をしたかった会社だったので、いつもよりは何倍も面接の予行練習をしたはずだったのに不合格が届いた時はショックでした。
落ちた理由は一体何なのか、その理由をしっかり分析をしなくてはまた同じ事を繰り返してしまいそうです。

勿論、会社の方が社風に合わないという思いがあるのであれば仕方がないのかもしれませんが面接での受け答え、姿勢などで落選してしまったのならもう一度研究しなくてはいけません。
改めて振り返って考えていきましょう。

合格をもらえないのは面接のせいか

面接の前日から、実は戦いは始まっています。
緊張しないで面接を受けるのは、絶対に無理な事です。
では、どうするのが一番いいのかというとやはり自分に自信を付けさせてあげなくてはいけません。

受け答えだけではなく、座っている時や待っている時も面接は始まっています。
面接の前日から心に暗示をかけてあげましょう。

面接当日を迎える前に受け答えの予習、復習を何度もしておくことが大切です。
繰り返し確認することで、頭が真っ白になっても体で覚えていれば緊張しても言葉がすんなり出てきてくれます。

一番の強敵は緊張している自分自身を、どうコントロールするかです。
表向きは緊張していても何も問題はありませんが、心の中までも緊張させてはいけません。
今までの努力を思い出して、ここで頑張らないとダメだよと自分にエールをおくってあげましょう。