これで内定率アップ!面接で見られるポイントとは?

また届いた不合格、内定率がアップ出来る面接の受け方を知りたいです

受け答えをしっかり出来る、出来ないで内定率が変わります

このコラムをシェアする

内定率を上げる事の出来るコメント

面接官側からすると緊張しているのは仕方がないと思っています。
こういう場面だからこそ、冷静で落ち着いている雰囲気を出すと面接官にはいい印象を与えます。

面接官が好感を持てるコメントとしては、受けている会社の為にこんな事をしてみたいという未来設定ができている人はよく見てもらえます。
面接で緊張を隠して望む事で、仕事中も目上の人がいても落ち着いて対応が出来る人だなという評価をしてもらえます。

何より、受けている会社がどんな仕事を中心にしているのか把握しておかなくてはいけません。
内定が欲しいという時は、その会社について勉強しておきましょう。

会社のホームページに書かれている文章を借りるのではなく、自分の言葉で考えたほうが良いです。
間違っても、上手く出来なくても自分が、この会社に入りたいという熱意や素直な気持ちは一生懸命伝えれば必ず伝わると信じています。

面接で出る質問の受け答え一つで決まる

内定率が上がる面接の方法としては、やはり面接に対する姿勢が大切だと思います。
何か文章を書かなくてはいけないのであれば、丁寧で読みやすい文字を書くように注意しなくてはいけません。
履歴書も同様、一番に自分の事を知ってもらう為の大切な用紙です、気をつけて書きましょう。

面接で質問される事は、自分が書いた履歴書やどうしてこの会社を受けようと思ったのか、将来はどういう自分になりたいのかなどです。

考えれば全て答えられるものばかりですが、面接という少ない時間で答えなくてはいけないので予め、質問内容を予測しておかなくてはいけません。

受け答えの内容が、マイナスなイメージばかりだと面接官の人は嫌な気持ちになってしまいますが今は、愚痴を心の奥にしまってプラスなイメージに思ってもらえる発言をするようにした方が内定率は上がります。